本文へスキップ

Fukuoka-ken Mini BasuketBall Federation

規約AGREEMENT

福岡県ミニバスケットボール連盟規約

第1章  名 称

    第1条   本連盟は、福岡県ミニバスケットボール連盟と称する。

第2章  目 的

    第2条   本連盟は、バスケットボール競技の普及・発展と技術の向上を図り、心身共に健全な児童の育成          を目指す。

第3章  事 業

    第3条   本連盟は、前条の目的を達成する為に、次の事業を行う。
          1.競技会の開催
          2.講習会の開催
          3.その他本連盟の目的達成に必要な事業

第4章  組織及び加盟・登録

    第4条   本連盟は、ミニバスケットボールチーム及び個人によって組織される。
    第5条   本連盟は、福岡県バスケットボール協会に加盟する。
    第6条   本連盟に、運営上次の支部を置く。
          @ 福 岡(福岡市)
          A 北九州(北九州市・行橋市・豊前市・京都郡・築上郡)
          
B 東 部(中間市・飯塚市・嘉麻市・直方市・田川市・宮若市・遠賀郡・嘉穂郡・鞍手郡
・田                川郡)
          
C 中 部(春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・宗像市・筑紫郡・福津市・古賀市
・糸島                市・糟屋郡・)
          D     南 部(久留米市・小郡市・朝倉市・大川市・柳川市・筑後市・八女市・大牟田市・うきは                市・みやま市・三井郡・三瀦郡・八女郡・・朝倉郡)
    
第7条   第4条のチームは、毎年競技年度の当初において本連盟に登録し、また、スポーツ傷害保険に加          入しなければならない。

    第8条   年度は、毎年4月1日より始まり、翌年3月31日をもって終わる。

第5章  役 員

    第9条   本連盟に、次の役員を置く。
           会 長 1名   副会長 若干名   顧 問 若干名   参 与 若干名
           理事長 1名   常任理事 若干名  理 事 若干名   監 事 若干名
    第10条  理事は各支部より選出する。
          @ 福 岡 6名 A 北九州 4名 B 東 部 4名 C 中 部 7名 D 南 部 5名
    第11条  理事は理事会を構成し、本連盟の重要事項を審議決定する。
    第12条  会長は、理事会で推薦する。
          2.会長は本連盟を代表し、会務を総括する。
    第13条  副会長は、理事会で推薦し、会長が委嘱する。
          2.副会長は会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代行する。
    第14条  常任理事は、理事及び学識経験者より理事会で選出し、会長が委嘱する。
          2.常任理事は常任理事会を構成し、会務を審議し執行する。
    第15条  理事長は常任理事会で互選し、会長が委嘱する。
          2.理事長は理事会及び常任理事会の決定に従い、本連盟の会務を執行する。
    第16条  監事は理事会にて選出し、会長が委嘱する。
          2.監事は、会計並びに会務を監査する。
    
第17条  顧問は、本連盟の前会長・副会長、又は本連盟の功労者、或いは特に必要と認められた者の中か          ら、常任理事会の決議をもって推挙された者を、会長が委嘱する。

          2.顧問は会長及び常任理事会の諮問に応ずる。
    第18条  参与は、特に常任理事会が推薦した者を会長が委嘱する。
          2.参与は、常任理事会の諮問に応ずる。
    第19条  本連盟の役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
          2.補欠又は増員により選任された役員は、前任者又は現任者の残任期間とする。
          3.役員は、その任期終了後でも後任者が就任するまでは、その職務を行う。
          4.特別な事情がある場合、任期を一年に限り延期することができる。

第6章  会 議

    第20条  本連盟は、次の会議を置く。
          1.理事会(総会)
          2.常任理事会
          3.専門委員会
    第21条  理事会は会長が招集し、毎年1回開催する。
          
2.その他は会長が必要と認めた時、又は理事の3分の1以上の要請があった時は、臨時に開催            することができる。

          3.理事会の議長は、会長とする。
    第22条  理事会は、次の事項を審議し決定する。
          @ 事業
          A 予算及び決算
          B 役員の選出及び承認
          C 規約の制定及び改廃
          D その他重要事項
    第23条  常任理事会は、理事長が招集し、必要に応じて随時開催する。
          2.常任理事会の議長は、理事長とする。
     第24条  常任理事会は、次の事項を審議し執行する。
          @ 理事会に提出する事項
          A 予算及び決算
          B 理事会の委託事項
          C 役員の推挙並びに選出
          D その他理事長が必要と認めた事項
    
第25条  本連盟の会議はすべて構成人員の2分の1以上の出席者を以って成立する。但し、理事会におけ          る委任状はこれを認める。

    第26条  本連盟のすべての会議における議決は出席者の過半数で決し、可否同数の時は議長が決する。

第7章  専門委員会

    第27条  本連盟に理事会の承認を得て専門委員会を置くことができる。
    第28条  各委員会は第3条の事項に関して調査研究し、その専門的必要な事業を行う。
    第29条  各委員会に委員長1名を置く。委員長は理事の中から会長が委嘱する。

第8章  会 計

    第30条  本連盟の経費は、加盟・登録料、補助金、寄付金及びその他の収入を以って充てる。
    
第31条  本連盟に加盟・登録をしたチームは、理事会において決めた加盟・登録料を毎年納入しなければ          ならない。

          
2.一旦納入した諸納付金は、いかなる理由といえどもこれを返還しない。

    第32条  本連盟の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第9章  事務局

    第33条  本連盟の事務を処理するために事務局を置く。
    第34条  事務局には、事務局長1名、会計1名、庶務2名を置く。
    第35条  事務局長は、理事の中から会長が委嘱する。
           2.会計及び庶務は、事務局長が推薦し、理事会の承認を得て会長が委嘱する。

第10章  補 則

    第36条  本連盟の規約の改廃は、理事会の決議を要す。
    第37条  この規約は、昭和57年9月15日より施行する。
                 平成 3年4月6日改正
                 平成 7年4月8日改正
                 平成 8年4月7日改正
                 平成17年4月3日改正